【ウェットスーツ徹底解説】全9種類、それぞれどんな時がオススメ?

【ウェットスーツ徹底解説】全9種類、それぞれどんな時がオススメ?

寒い時期には重要となってくるウェットスーツ。
セミドライ、ジャーフル、などちょっと聞いただけでは分かりづらいですよね。
今回はウェットスーツについて徹底解説していきます。

なみこの顔写真
ウェットスーツの名前は難しいにゃ
なみすけの顔写真
ちょっとずつ覚えていけば大丈夫わん

 

ウェットスーツの種類とは?

ウェットスーツの種類は大きく9種類あります。

  • ドライスーツ
  • セミドライスーツ
  • フルスーツ(ジャーフル)
  • シーガル
  • ロングスリーブスプリング(ロンスプ)
  • ロングジョン
  • スプリング
  • ショートジョン
  • タッパー

となっています。
それぞれ対応している気温や海水温は、以下の図のようになっています。

ウェットスーツと気温・海水温のマッピング
では、それぞれの特徴について解説していきましょう。

ドライスーツ

ドライスーツ

ウェットスーツの中で一番保温性が高いウエットスーツなのがドライスーツ。
ブーツ一体型が多く、ほぼ水の侵入はありません。

気温目安:-5 ~ 15℃
海水温目安:2 ~ 15℃

セミドライスーツ

セミドライスーツ

日本の冬で一番多いのが、このウエットスーツです。
風や水を通さないようにラバー素材を随所に利用しています。
多くの場合は、5㎜/3mmで作られています。。

気温目安:3 ~ 18℃
海水温目安:5 ~ 18℃

フルスーツ(ジャーフル)

ジャージフル

サーファーが最初に手に入れえるウェットスーツですね。
1年で一番良く使われます。3㎜で作られることがほとんど。

気温目安:14 ~ 20℃
海水温目安:15 ~ 20℃

シーガル

シーガル

気温や水温に敏感な人にオススメ。腕が半袖なので、外気が暖かい時に活躍します。

気温目安:17 ~ 25℃
海水温目安:18 ~ 24℃

ロングスリーブスプリング(ロンスプ)

ロンスプ

外気は寒いけれども、海水温が暖かい時に活躍します。
また、半袖の日焼けを嫌がる人にもおすすめです。

気温目安:18 ~ 22℃
海水温目安:20 ~ 22℃

ロングジョン

ロングジョン

なぜかロングボーダーに愛用者が多いのがこのスタイル。
タッパーを上に重ね着する事で、ジャーフルのように長期間利用することが出来ます。

気温目安:23 ~ 30℃
海水温目安:18 ~ 26℃

スプリング

スプリング

シーガルではちょっと暑いな、というときに使うウェットスーツです。
利用期間があまり長くはありません。

気温目安:23 ~ 30℃
海水温目安:18 ~ 26℃

ショートジョン

ショートジョン

こちらもロングボーダーが使う事が多いスタイル。
タッパーと併せる事で、長期間使うことが出来るようになります。

気温目安:23 ~ 30℃
海水温目安:22 ~ 28℃

タッパー

タッパー

夏で風が強く寒い時などにあると便利なのがこのウェットスーツ。
長袖、半袖、ベストタイプとありますが、長袖を持っておくのがオススメ。

気温目安:25 ~ 32℃
海水温目安:22 ~ 32℃

まとめ

 

なみこの顔写真
9種類もあるだなんてすごいにゃ
なみすけの顔写真
いくつか好みを選ぶのがよいわん

一番多い質問が「どれからそろえていったら良いですか?」という質問です。
お金を安く抑えるならば、日本では、以下のセットを準備していくと、通年通してサーフィンをすることが出来ますよ!

秋~冬~春:セミドライスーツ
秋&春~夏前:3mmジャーフル
夏:タッパー+水着

暑いのを我慢するのは、水をウェットスーツ内に入れれば良いので、上記のセットで、3mmジャーフルをメインで活躍させることがオススメです!
それでは良いサーフィンライフを!